年金友の会会則

京都丹の国農業協同組合年金友の会会則

第1章 総 則

目 的

第1条

この会は、会員相互の親睦と融和を図り、この会を通じて健康管理と生きがいのある生活の確立に資するとともに、明るく豊かな郷土を築き、JA京都にのくにの発展と地域社会に貢献することを目的とする。

名 称

第2条
  1. 名 称
    この会は、京都丹の国農業協同組合年金友の会(以下「JA京都にのくに年金友の会」という)とする。
  2. 愛 称
    この会の愛称は「夢彦ドリーム倶楽部」とする。

構 成

第3条

この会は、JA京都にのくに管内の年金受給者で、JA京都にのくにを年金受取窓口に指定した者と支部長が入会を承認した者とを会員として構成する。

入会・脱会

第4条
 

この会の入会、脱会は次に定める。

  1. 入 会
    第3条の資格を有する者。
  2. 脱 会
    支部長の承認を得て脱会するものとする。ただし、資格を喪失した者は、この限りでない。

行 事

第5条
 

この会は、第1条の目的を達成するために次の行事を行う。

  1. 会員相互の親睦、融和と生きがいを高める行事。
  2. 健康管理に関する行事。
  3. 福祉向上に関する行事。
  4. その他友の会の目的達成に必要な行事。

組 織

第6条
 

この会は、第5条の行事運営を円滑に遂行するため本部、ブロック、支部で組織する。

  1. 本 部
    支部およびブロックを総括管理する。
  2. ブロック
    管内を支部の所在地により、綾部、福知山、舞鶴の3ブロックに分け本部と支部を調整するとともに、ブロック単位の行事を企画運営する。
    (1)ブロックの運営要領は、別に定める。
  3. 支 部
    支店に支店管内の支部を置き、支部単位の行事を企画運営する。
    (1)支部の運営要領は、別に定める。

役 員

第7条
 

この会に次の役員を置き、その構成と選任、任期は次のとおりとする。

  1. 本 部
    会長1名 副会長2名 幹事3名を本部役員として置く。
    (1)本部は、各ブロックのブロック長および副ブロック長で構成し、互選により本部役員を選出する。
    (2)本部役員の任期は2年とし再選は妨げない。
    (3)本部役員の任期中欠員が生じた場合は補充する。ただし、その任期は前任者の残任期間とする。
    (4)会長はこの会を代表し、本部役員会の決定にしたがって会務を執行管理する。
    (5)副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
    (6)幹事は会長、副会長と協力し行事を遂行する。
  2. ブロック
    各ブロックにブロック長1名 副ブロック長1名 幹事1名以上をブロック役員として置く。
    (1)ブロック内の支部長で各ブロックを構成し、互選によりブロック役員を選出する。
    (2)ブロック役員の任期は2年とし再選は妨げない。
    (3)ブロック役員の任期中欠員が生じた場合は補充する。ただし、その任期は前任者の残任期間とする。
    (4)ブロック長は各ブロックを代表し、ブロック役員会およびブロック会の決定にしたがって会務を執行管理する。
    (5)副ブロック長はブロック長を補佐し、ブロック長に事故ある時はその職務を代行する。
    (6)幹事はブロック長、副ブロック長と協力し行事を遂行する。
  3. 支 部
    支部長1名 副支部長1もしくは2名 地区委員を支部役員として置く。
    (1)支部長および副支部長は、地区委員の互選により選出する。
    (2)地区委員は支部長の判断で、その数を決定することができる。
    (3)支部役員の任期は2年とし、再選は妨げない。
    (4)支部役員の任期中欠員が生じた場合は補充する。ただし、その任期は前任者の残任期間とする。
    (5)支部長は各支部を代表し、本部役員会・ブロック役員会・支部役員会の決定にしたがって会務を執行管理する。
    (6)副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故ある時はその職務を代行する。
    (7)地区委員は、選出された地区を統轄するとともに、支部長、副支部長と協力し行事を遂行する。

役員会

第8条
 

会長・ブロック長・支部長は、必要に応じて役員会を開催することができる。

  1. 本部役員会
    会長が招集し、この会の運営について協議決定する。
    (1)支部長会会長は支部長を招集し、支部長会を開催できるものとする。
  2. ブロック役員会
    ブロック長が招集し、ブロックの運営について協議決定するとともに諸報告を行うものとする。
    (1)ブロック会ブロック長はブロック内の支部長を招集し、ブロック会を開催できるものとする。
  3. 支部役員会
    支部長が招集し、支部の運営について協議決定するとともに諸報告を行うものとする。

会員のつどい

第9条
 

会員のつどいは、ブロック別に原則として年1回開催するものとする。

  1. 会員のつどいは会員相互の親睦を図ることを目的として開催する。

事務所・事務局

第10条
 

この会の事務所はJA京都にのくに本店に置き、資金共済部が事務局を担当する。

経 費

第11条
 

この会の運営に必要な経費は、助成金、その他の収入をもってあてる。

年 度

第12条
 

この会の年度は、4月1日から翌年3月31日とする。

付 則

  1. この会則の改廃は、本部役員会の協議によるものとする。
  2. この会則は、平成10年4月1日から施行する。
  3. この会則の改正は平成21年4月1日から実施する。
  4. この会則の改正は平成23年3月1日から実施する。
  5. この会則の改正は平成24年4月1日から実施する。
  6. この会則の改正は平成26年4月1日から実施する。

京都丹の国農業協同組合年金友の会ブロック運営要領

京都丹の国農業協同組合年金友の会会則、第6条に基づきこの会にブロックを設置する。

名称・組織

1.各支部の所在地に基づき、全支部を綾部、福知山、舞鶴の3ブロックに分け、各ブロックごとで調整運営を行う。

  1. 綾部ブロック   綾部市に事務所をもつ支部で組織する。
  2. 福知山ブロック  福知山市に事務所をもつ支部で組織する。
  3. 舞鶴ブロック   舞鶴市に事務所をもつ支部で組織する。

役 割

2.ブロックは、次の事項を行う。

  1. 本部と支部間の調整
  2. ブロックを単位とする行事の立案と実施および調整
  3. 本部役員の選出
  4. その他行事に必要な事項

事務所・事務局

3.各ブロックの事務所および事務局は次のとおりとする。

  1. 綾部ブロック  綾部支店に事務所を置き、綾部支店が事務局を担当する。
  2. 福知山ブロック 福知山支店に事務所を置き、福知山支店が事務局を担当する。
  3. 舞鶴ブロック  舞鶴西支店に事務所を置き、舞鶴西支店が事務局を担当する。

年 度

4.ブロックの年度は、4月1日から翌年3月31日とする。

付 則

  1. この要領の改廃は、本部役員会の協議によるものとする。
  2. この要領は,平成10年4月1日から施行する。
  3. この要領の改正は平成21年4月1日から実施する。
  4. この要領の改正は平成24年4月1日から実施する。

京都丹の国農業協同組合年金友の会支部運営要領

京都丹の国農業協同組合年金友の会会則、第6条に基づきこの会に支部を設置する。

名称・組織

1.JA京都にのくに年金友の会に、次の支部を設置する。

上林支部・綾部支部・豊里支部・何北支部・八田支部・下豊富支部・中六人部支部・三和支部・
夜久野支部・大江支部・加佐支部・舞鶴西支部・青葉支部・舞鶴東支部

役 割

2.支部は、次の事項を行う。

  1. 支部を単位とする行事の立案と実施
  2. ブロック役員の選出
  3. その他行事に必要な事項

事務所・事務局

3.各支部の事務所および事務局は次のとおりとする。

  1. 支部を管轄する各支店に事務所を置き、事務局を担当する。

年 度

4.支部の年度は、4月1日から翌年3月31日とする。

付 則

  1. この要領の改廃は、本部役員会の協議によるものとする。
  2. この要領は、平成10年4月1日から施行する。
  3. この要領の改正は平成21年4月1日から実施する。
  4. この要領の改正は平成22年4月1日から実施する。
  5. この要領の改正は平成24年4月1日から実施する。
  6. この要領の改正は平成26年4月1日から実施する。