女性部規約

目 的

第1条

この女性部は、京都丹の国農業協同組合の事業を通して女性の教養を高め、社会的・経済的地位及び生活文化の向上をはかり、部員相互の親睦と連帯により、健康で豊かな地域社会を築くことを目的とする。

名 称

第2条

この女性部は、JA京都にのくに女性部(以下女性部という。)と称する。

構 成

第3条

この女性部は、京都丹の国農業協同組合(以下組合という。)の組合員と、組合員の家族及び組合管内に居住し組合に対する理解と協調をもち、第1条の目的に賛同する女性をもって構成する。

事務局

第4条

この女性部の事務局は組合の企画管理部くらしの活動推進課に置く。

事 業

第5条

この女性部は、第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 農業協同組合の協同意識の高揚に関する事項
  2. 生活文化の改善並びに生活・文化・教養の向上に関する事項
  3. 女性問題・健康管理に関する事項
  4. 部員相互の親睦と連絡、協調に関する事項
  5. 農業経営並びに技術の改善に関する事項
  6. 農業協同組合の事業推進に関する事項
  7. その他目的達成に必要な事項

役 員

第6条

この女性部に次の役員を置く。

  • 部  長 1名
  • 副 部 長 1名
  • 会  計 1名
  • 委  員 若干名
  • 監査委員 2名

②本部役員は、部長、副部長、会計、委員で構成する。

役員の選任

第7条

本部役員の選出は、ブロック役員の互選により行う。ただし、監査委員については、部長が支部長の中から任命する。

役員の任期

第8条

役員の任期は1年とし、再選は妨げない。ただし、補欠により就任した役員は、前任者の残任期間とする。

②役員は任期が満了しても、後任者が就任するまではその職務を行う。

役員の職務

第9条

役員の職務は、次の通りとする。

  1. 部長は、女性部を代表して業務を行う。
  2. 副部長は、部長を補佐し部長事故ある時はその職務を代理する。
  3. 会計は、女性部の会計業務を行う。
  4. 監査委員は、女性部の会計監査を行う。
  5. 委員は、女性部の事業運営について協議を行い運営を行う。

顧 問

第10条

この女性部の運営を円滑に行うため、前役員並びに学識経験者の中から顧問を置くことができる。

総 会

第11条

この女性部は、毎年1回4月又は5月に通常総会を開催する。
ただし、役員会が必要と認めたとき、又は、部員の3分の1以上が要求したときは、臨時総会 を開催することができる。

②総会は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長が決定する。
③総会の議長は、出席者の中から総会において選任する。
④総会には、次の事項を付議する。

  1. 規約の変更及び廃止
  2. 毎事業年度の事業報告及び収支決算
  3. 毎事業年度の事業計画及び収支予算
  4. 役員の改選
  5. 会費の徴収額及び徴収方法並びに徴収時期
  6. その他必要な事項

支 部

第12条

支店単位に支部を置き、支部長は所轄支部を代表する。

②役員は任期が満了しても、後任者が就任するまではその職務を行う。

ブロック運営

第13条

この女性部は、第5条の事業運営を円滑に遂行するために管内を綾部ブロック、福知山ブロック、舞鶴ブロックの3ブロックに分け、次の事項をブロックを単位として行う。

  1. 本部と支部間の連絡・調整
  2. ブロックを単位とする事業活動の推進と調整
  3. 本部役員の選出
  4. その他活動促進に必要な事項

加入及び脱退

第14条

部員の加入及び脱退は任意とし、支部長を経て部長に届けるものとする。

経 費

第15条

この女性部の経費は、会費及び助成金・寄付金その他の収入をもって充てる。

事業年度

第16条

この女性部の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。

付 則

  1. この会則は、平成9年9月20日より施行する。
  2. 設立当初の女性部組織は、それぞれの旧JAの組織単位で加入することとする。
  3. 設立当初の役員の任期は、第8条の規定にかかわらず、就任の日から平成10年3月31日までとする。
  4. この規約の改正は、平成17年4月16日より施行する。
  5. この規約の改定は 平成18年4月15日より施行する。
  6. この規約の改定は 平成25年4月20日より施行する。