JA京都にのくに|概要
JA京都にのくに|事業案内
JA京都にのくに|美味しい情報
JA京都にのくに|リンク集
JA京都にのくに|お問い合せ
JA京都にのくに|プライバシーポリシー
JA京都にのくに|組合員資格確認のお願い
JA京都にのくに|利益相反管理方針の概要
JA京都にのくに|反社会的勢力基本方針
JA京都にのくに|JAバンク相談所
JA京都にのくに|ホームページ運営ポリシー
JA京都にのくに|サイトマップ
JA京都にのくに|トップページへ




発見!JAバンクのこと。

発見!JAバンクのこと。
休眠預金活用法に関するお客さまへのお知らせ

Globalsign SSL Site Seal
インターネット標準のSSL
(Secure Socket Layer)
により暗号化されます。


万願寺甘とう丹の国米丹の国茶ミニトマト
 
−青く美しい海と深い山に囲まれた町舞鶴の特産物−

  産地・生産
 
 京都府北部に位置する舞鶴市は青く美しい海と山に囲まれた町です。海岸は若狭国定公園に含まれ、天然記念物であるオオミズナギドリの繁殖地となっています。
 舞鶴の万願寺地域で栽培されていた大型のとうがらしで、『万願寺甘とう』と名づけられました。誕生は大正末から昭和の初期にかけてと伝えられ、主に自家用として栽培されました。

  栽培方法
   万願寺甘とう部会では施肥・防除に至るまで、普及センター・JAの示す栽培防除指針に従い、決められた量・回数・濃度をしっかり守り栽培しています。
  魅力
   京都府のブランド産品として認められている『万願寺甘とう』は、肉厚で食べ応えのあるその大きさと深みのあるその味わいで、京都の伝統野菜の一つとして自信を持ってお薦めの出来る逸品です。
 万願寺甘とうの栄養成分は、ビタミンAやビタミンCが多く含まれ、特にビタミンAはピーマンの2倍含まれており、夏場のビタミン補給に最適です。
 又食欲増加効果のカプサイシン類が多く含まれています。
  おいしい食べ方(ほんの一部)
 
▼素焼き▼
▼塩昆布炒め▼
・フライパンでもOK!
・丸ごとご賞味ください。
・焼き過ぎは風味を損ないます。
・鰹節とお醤油が最高
・2cmの輪切り(種そのまま)
・よく熱した油で、炒め加減はお好みに。
・火を止める前に塩昆布を混ぜ合わせて出来上がり。
   
Copyright (C) 2006- JA Kyoto Ninokuni.All Rights Reserved.